学校法人 関西医療学園 関西医療学園専門学校

訪問者別メニュー
高校生の方へ
社会人・大学生の方へ
在校生の方へ
卒業生の方へ
保護者の方へ
採用ご担当の方へ

校長あいさつ

関西医療学園専門学校 校長 武田大輔

60年に迫る伝統が受け継ぐ、豊かな人間性を育む教育。

医療に携わる人材にとって、確かな技術と知識は必須の条件です。これらに加えて必ず求められるのが、豊かな人間性。治療やリハビリのために身体を委ねてもらい、心のケアにまで踏み込んでいくには、相手からの信頼が不可欠だからです。
豊かな人間性を育むうえで本校独自の財産となっているのが、医療の第一線で活躍する卒業生との深いつながりです。ときには経験豊富な先輩として在学生の指導にあたり、ときにより良い医療を目指す仲間として学術研修会などでともに学ぶ。それらの場を通して、本校が建学の精神に掲げる「社会に役立つ道に生きぬく奉仕の精神」が先輩から後輩へと受け継がれています。これは、間もなく創立60周年という伝統を持つ、本校だからこそ可能な医療人の育成だと自負しております。

関西医療学園専門学校 校長 武田大輔

相手を思いやる「善の気持ち」を養って社会に貢献を。

社会の高齢化やそれにともなう医療費負担の増大は、東洋医学やリハビリの役割を今以上に大きなものにします。なぜなら、病気や体調不良の背景にまで目を向け、病気の予防や健康維持を重視した取り組みが必要とされる社会になっているからです。それはまさに、本学で身に付けた知識と技術、そして高潔さをもって相手を思いやる「善の気持ち」が求められる社会です。
本学で学び、仲間や教職員と交流する日々の中で「人から感謝される喜び」「人の役に立つ幸せ」と出会い、人生の目標へと向かって力強く前進し始めている学生がたくさんいます。そういった成長の過程に立ち会えることこそが、私たちの喜びです。みなさんが本学で大きな一歩を踏み出し、社会に貢献できる人となれるようたくましく成長することを楽しみにしています。

PAGE TOP

CLOSE